4方向から。
今回製品化されデコマスから首の角度が変わってしまったようですが、特に修正したりはせずそのまま撮影しております。
台座もかなり気合の入ったデキになっていますね。一見するとスカートの中身はきっちりガードしているように見えますね^^;

 

 

 

今年はオーキッドシード飛躍の年だったと思いますが、今回もかなり良い感じでスケールが違うとはいえコトブキヤの
シャイニング・ウィンドシリーズよりデキが良い印象ですね。いやはや楽しませてくれます。

 

 

 

デコマスを知らなければ、これはこれで悪くないんじゃないかなと思います。製品化されて初めて見た方なんかは
特に何がおかしいか気にならないんじゃないかなと思いますね。

 

 

 

 

少しザラついた感のあるいつものオーキッドシードの塗装ですが今回も全体的な塗りは悪く無いです。
細かい部分は多少甘いですが制服のラインやスカートの柄も綺麗で特に不満はありません。

 

 

 

かなりTONY絵を忠実に再現していると思います。かなり良い感じですね。

 

 

 

髪の毛は少しグラデがかかったような感じになっています。
この位寄ると少し髪の毛の造形なんかはダルめに見えますが実際には特に気になりません。

 

 

 

こちら側からだと少しだけ顔の造形に違和感がなくもないですかね。悪くはないのですけど。

 

 

 

少し引いて見るとナイス太ももが。履いてないようにも見えなくもない・・・

 

 

 

まぁ少しずれた角度から見るとモロ見えなのですが^^;

 

 

 

真正面、真横から見なければどこからでも見えてますね。

 

 

 

縞パン・・・ちょっとプリントミスがありますね。

 

 

 

キャストオフ。
真面目な表情なのにこのポーズでスカート履いていないとなんとなく微笑ましい^^;

 

 

 

肉感的な太ももの造形が良い感じです。
ちょっとニーソと太ももとの塗り分け部分が甘めな感じかも・・・

 

 

 

いい膨らみっぷり^^

 

 

 

ヒップはちょっとだけキャストオフの影響で痩せた感じの造形になってますね。

 

 

 

台座も結構凝った造形で塗りも良い感じです。

 

 

 

無意味に変な置き方をしていますがオーキッドシードの椎名夏音でした。
まさかオーキッドシードまでシャイニング・ウィンドに参入してくるとは思っていませんでしたが他メーカーに決して
負けず劣らずの良いデキでした。この予測できないラインナップもまたこのメーカーの魅力になっているかと思います。
来年のラインナップも期待しています。

 

 

ブログトップへ戻る

inserted by FC2 system